ヒューストンからニューヨーク・ラガーディア空港までユナイテッド航空を利用したよ【搭乗レポート】

ゆうすけです。
間違えて購入したの次のフライトです。
ヒューストン国際空港からラガーディア空港は、約3.5時間のフライトです。

ヒューストン国際空港にてトランジット


ヒューストン国際空港に到着してから、次のゲートの捜索です。個人的にヒューストン国際空港は、そんなに大きくないと思っていたのですが、とんでもない。ターミナルが5つ空港で、ゲートも何十となる空港でした。
さらに、ここヒューストン国際空港は、ユナイテッド航空の拠点空港となっていたので、ほとんどがユナイテッド航空のフライトでした。


たまに見かけるのが、デルタ航空、スピリット航空などでしたが、端に追いやられていました。

同じ時間帯に、同じ行き先のフライトがあるような空港で、ゲートもコロコロ変わるので、よく注意しながら、移動が必要です。
*30分の間に、2回搭乗ゲートが変更になりました。


また、ブッシュパパの銅像も空港内にはあります。
ヒューストン国際空港と呼んでいますが、正式名称は、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港です。

スポンサードリンク

タブレットが至る所にあるヒューストン国際空港


ヒューストン国際空港に到着して驚いたのが、タブレットの多さです。
ニューヨークのジョンFケネディ国際空港でのタブレットの多さに驚いたのですが、ここヒューストンは一歩先に進んでいました。

ヒューストン国際空港のタブレットでは、ゲーム、インターネットに加えて、食べ物と飲み物の注文と支払いまでできます。支払いは、タブレットの横にあるカードリーダーにクレジットカードもしくはデビットカードを読み込ませるだけ。
注文するとスタッフがテーブルまで運んで来てくれます。
一歩も二歩も先に行っている、まさに先進国だなと痛感しましたね。


ちゃんと横には、電源もあります。

【大見出し3】機内と機内サービス

最終的にたどり着いたのは、Eターミナルの搭乗ゲートです。今回は、ニューヨークにあるジョンFケネディ、ニューアークリバティー、ラガーディア空港のラガーディア空港までのフライトです。ラガーディア空港は、ニューヨーク市内にあり、大型の飛行機が行き来できないこと、そして、国際線はカナダのみとなっています。

今回はA320という機体でした。


座席はいつも通り一番後ろの座席です。

すぐに離陸かと思ったら、そんなことはありません。飛行機の渋滞です。
ユナイテッド航空の拠点空港とあって、次々とユナイテッド航空の飛行機が降り立ちます。

結局離陸したのは、ゲートから離れて、45分後です。
特に朝は、シカゴ・オヘア、デンバー、ロサンゼルス、ニューヨーク(ラガーディアとニューアーク)便が多いみたいですね。

離陸してすぐに始まったのが、機内サービスです。

最初にスナックのクッキーが配布されます。
*いつもなら塩味が効いたPretzel Twistですが、今日は違いました。

そのまま、ドリンクサービスへ
飲み物リスト

  • コーラ
  • ダイエットコーラ
  • スプライト
  • トニックウォーター
  • ミニッツメイドオレンジ
  • illyのコーヒー

今回、確認できたのは、これらのみです。前のフライトでは、炭酸水もあったのですが、このフライトではありませんでした。

ちなみに、ドリンクサービスは、フライト中に、2回ありました。


今回は、2回ともコーヒーを選択しました。
淹れたてだったみたいで、酸味が少なくて美味しかったです。

ユナイテッド航空のアプリは必須


このフライトでは、ユナイテッド航空のアプリを利用して、映画を見ていました。
今回見たのは、グレイティストショーマン。

created by Rinker
¥300 (2022/01/23 15:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

ちょうど2時間くらいの映画でしたので、ゆっくり集中してみれました。
他にも、ハリウッド映画からアニメ、アジア映画まであるので、ユナイテッド航空で移動するときは、アプリのダウンロードは必須ですね。

ユナイテッド航空の国内線は、チャージャーがない機体も

このフライトでは、コンセントなどの電源がない機体でした。
アメリカの国内線は、電源がない機体もあるので、事前に充電が必須です。
*特に古い機体

今回は、チャージャーの持ち込みもしてないので、なんとか持ってくれました。
*ヒューストンで充電していてよかった。

スポンサードリンク

ラガーディア国際空港に到着


後半は、記事制作の時間に当てたので、有意義に時間を使うことができました。
そして、ニューヨーク上空へ。

ラガーディア国際空港は、ニューヨーク近郊の他の2空港(ジョンFケネディ国際空港・ニューアーク・リバティー国際空港)よりも街に近いので、選びました。
*渋滞が酷くて、シティまでたどり着くのに、他の2空港とあまり変わらなかったのは秘密です。

到着後、そのまま駐機場へ。

ほんと、小さい空港なので、すんなり出口まで行くことができました。

意外に普通だったユナイテッド航空


ユナイテッド航空は、太平洋路線でよく利用していたのですが、その時の印象が座席狭いでした。
国内線は、狭くもなく、広くもないフライトばかりでしたが、今回は意外にアタリのフライトでした。

今後も使用はありかなという印象ですね。
マイル貯めるために!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です